コラーゲン.homepage.jp HOME >  コラーゲンの起こり

コラーゲンの起こり

地球で最初にコラーゲンが誕生したのは、原生代後期の全球凍結後(6億~8億年前)と考えられています。
コラーゲンの産生には大量の酸素が必要ですが、全球凍結以前は地球においてはコラーゲンを作り出せるだけの高濃度の酸素は地球に存在していませんでした。

その後、全球凍結の状態が終わり、急激な気候変動の影響で大量に酸素が作られ地球に蓄積されるようになりました。
この影響により単細胞生物がコラーゲンを作り出す事に成功し、細胞間の接着に利用され、単細胞生物の多細胞化が促進されることになりました。
今日に見られる多細胞生物(動物・植物・真菌類・原生生物)は全てこのコラーゲンの生産に成功した種の子孫であると考えられています。

ショップ

携帯からアクセス